特定行為研修

当院では医療の質を高めるため、奈良県立医科大学での特定行為研修を通して、医学的な知識を身に付けた看護師を育成しています。研修では、多職種協働の課題を解決できる能力と、チーム医療における看護師の役割を果たす能力を習得。同時に、特定行為実践過程の構造を理解することで、看護への視野や業務の幅が広がります。また、受講にあたり、勤務時間の調整、研修費の補助や給与支給などの経済的支援があり、不安なく集中して学べます。

さまざまな領域の視点が広がる特定行為研修

研修する共通科目と区分別科目

共通科目:座学が中心 [合計315時間]

  • 臨床病態生理学
  • 臨床推論
  • フィジカルアセスメント
  • 臨床薬理学
  • 疾病・臨床病態概論
  • 医療安全学
  • 特定行為実践

区分別科目:主に臨床実践[合計405時間]

  • 呼吸器(気道確保に係るもの)関連
  • 呼吸器(人工呼吸療法に係るもの)関連
  • 栄養に係るカテーテル管理(中心静脈カテーテル管理)関連
  • 動脈血液ガス分析関連
  • 循環動態に係る薬剤投与関連
  • 栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連
  • 術後疼痛管理関連

受講者の声

学んだことをいかして、チーム医療を推進したい。

研修では指導してくださる医師から、ご自身の知識や技術、信念を教えていただき、とても勉強になりました。資金的な補助もしていただきながら、ここまで学べる体制は、なかなかないと思います。この研修で習得できたことをいかして効果的で効率的な医療を提供できるように、今後も頑張っていきます。

[集中治療部]

医学的な視点を身につけて、より良い医療を提供したい。

研修では刻々と変化する患者さんの状態を多方面からアセスメントし、医師に相談しながら治療に関わっていきます。実践的な学びを通して、今までとは異なる視点で患者さんの病態と向き合い、さまざまな検査法を考えられるようになりました。今後は、さらに円滑な医療を提供するための支援ができればと考えています。

[集中治療部]

看護師としての可能性が広がったと実感しています。

適切な判断と、必要なタイミングで医療提供ができるようになると思って参加しました。研修を通して医師の思考を知り、その上で看護のアプローチを行えるようになったと実感しています。このような特定看護師がチーム医療に加わることで、よりシームレスでスムーズな医療を行うことができると思っています。

[救急他科外来]