スペシャリスト

院内では、より知識や技術を深めた専門看護師と認定看護師が、水準の高い専門的な看護の提供に貢献しています。当院には資格取得のサポートシステムがあるほか、隣接している奈良県立医科大学で研修できるため、勤務との両立をしやすい環境です。

専門看護師

特定の専門看護分野(全11分野)の知識および技術を深めた看護師。高水準の看護ケアを効率よく提供するため、実践・相談・調整・倫理調整・教育・研究の6つの役割を担います。

専門看護分野【3分野・6名】

  • がん看護(4名)
  • 急性・重症患者看護(1名)
  • 小児看護(1名)

急性・重症患者看護

研究を重ね、医師と協力して、クリティカル領域における患者さんとご家族に質の高い看護を提供します。

[集中治療部]

小児看護

子どもとそのご家族の気持ちを汲み取りながら、いつも笑顔で「かゆいところに手が届く」看護師をめざしていきたいです。

[小児センター]

がん看護

患者さんとその家族をトータルに看る視点を養い、根拠をもって心身ケアを実施していきたいと考えています。

[放射線治療・核医学科]

認定看護師

特定の看護分野(全21分野)で熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践する看護師。看護現場で実践・指導・相談の3つの役割を果たします。

認定看護分野【16分野・28名】

  • 感染管理(1名)
  • がん化学療法看護(3名)
  • がん性疼痛看護(1名)
  • がん放射線療法看護(1名)
  • 乳がん看護(1名)
  • 緩和ケア(3名)
  • 救急看護(3名)
  • 集中ケア(3名)
  • 新生児集中ケア(2名)
  • 摂食・嚥下障害看護(1名)
  • 糖尿病看護(2名)
  • 認知症看護(2名)
  • 皮膚・排泄ケア(2名)
  • 脳卒中リハビリテーション看護(1名)
  • 慢性心不全看護(1名)
  • 手術看護(1名)

認知症看護

認知症者の代弁者となり、患者さんの尊厳を守ること。そして、その人らしく生きられる支援を行っていきたいです。

[精神医療センター]

がん性疼痛看護

がん性疼痛看護におけるスタッフの知識や技術の向上、そして患者さんやご家族の「痛み」を和らげられるように努めています。

[緩和ケアセンター]

皮膚・排泄ケア

患者さんの褥瘡・ストーマおよび排尿のケアを行っています。さらにスキルを磨いて、退院後のケアまで手掛けたいと考えています。

[創傷相談室]