助産師の仕事

当院には多くの助産師やアドバンス助産師が所属。
ローリスク分娩では主体となって助産を実践するほか、ハイリスク分娩では医師と協働して幅広い症例を学び、母子の安全を第一に考えた質の高い助産ケアを提供しています。

周産期部門

助産師と医師が協働して
幅広いケアや医療を提供

当院は総合周産期母子医療センターを有し奈良県の周産期医療向上に貢献しています。また大学附属病院内に助産師主体でローリスク妊産婦のケアを行うメディカルバースセンター(院内助産)を設置しています。

母体部門

MFICU 6床
産科 30床

新生児部門

NICU 21床
GCU 30床(稼働24床)

マタニティ相談室

臨床経験3年以上の助産師が担当します。医師の健診後、妊婦の健康相談・保健指導を行います。

センター

病室8床(個室)
分娩室2室(畳コーナー有り)

助産外来

メディカルバースセンターでの分娩予定の方の妊婦健康診査と保健相談を実施します。妊婦健康診査は医師と助産師が交互に実施しています。

助産師の教育について

病院内看護教育プログラムは助産師も受講していただきます。

入職
1年目

入職〜7月

8月〜

  • 指導を受けながら妊産褥婦・新生児ケアの実際を学ぶ
  • 小集団指導の実施
  • 指導を受けながらチーム内で妊産褥婦を受け持ち、助産計画の立案・ケアの実施
  • 指導を受けながら分娩介助
  • 夜勤業務開始
2年目
  • 指導を受けながらMFICUで受け持ち・ケアの実施
  • 分娩室での複数産婦の管理
  • 両親学級の運営
3年目
  • 新生児の一か月検診(診察介助・保健指導)
  • 分娩室夜勤業務
4年目
  • マタニティ相談室(産科外来通院の正常妊婦・ハイリスク妊婦の保健指導)
  • 授乳ケア外来
助産師
ラダーⅡ
認定後
  • メディカルバースセンターでのケアの実施

ALL JAPAN活用助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)に沿って企画します。

総合周産期母子医療センター

医師とともに、地域の中核として
あらゆるハイリスク分娩を担います!

最新の設備・技術で医師と助産師が協働してハイリスクの妊産婦のケアを担います。24時間一定の質を保った医療・看護が提供できる環境を整えています。母体・胎児集中治療部門(MFICU)と新生児集中治療部門(NICU)は常に連携しながら奈良県のハイリスク周産期医療に大きく貢献しています。

メディカルバースセンター(院内助産)「結愛」

正常経過のお産において、
母子やご家族に寄り添うケアを提供

妊娠期から産褥期まで助産師が主体となって、リスクがない、またはローリスクの妊産婦のケアを担います。妊娠期から助産師が関わり、より正常な分娩となるように援助していきます。分娩時は助産師が寄り添い、家族も一緒に誕生の瞬間に立ち会います。医師の立ち会いはありません。しかし大学附属病院内の施設のため常に医師との連携を図っています。

助産のエキスパートである「アドバンス助産師」が多数所属

アドバンス助産師とは?

助産関連団体が定める全国共通の助産実践能力習熟段階“CLoCMiP”において、日本助産評価機構が、最高のレベルⅢを認証した助産師のこと。自律した助産実践ができ、より質の高いケアを提供します。

先輩メッセージ

Message01

入職4年目 総合周産期母子医療センターNICU(新生児集中治療部門)

子どもたちの成長に、
日々、喜びを感じています。

現在は超低出生体重児の呼吸、循環の管理などに携わっています。毎日のケアを通じて、子どもたちの成長を間近に感じられるところに、大きな喜びを感じています。

Message02

入職5年目 総合周産期母子医療センターMFICU(母体・胎児集中治療部門)

出産後にも寄り添いながら、
適切なケアに努めています。

産後の血圧コントロールや褥婦さんのケアを中心に行っています。退院後、健康診断などでお母さまや成長されたお子さまにお会いした際には、大きなやりがいを感じます。

Message03

入職10年目 メディカルバースセンター

助産師として、貴重な経験を積む毎日です。

ローリスクの妊産褥婦と新生児のケアを担っています。経験豊富な先輩から、丁寧な指導を受けられ、また、年数を重ねるごとに出てくる新たな課題に対しても、継続的にフォローしてもらえる環境が整っています。

Message04

入職24年目 メディカルバースセンター

母子の気持ちになって考え、支援できる助産師になりたい。

アドバンス助産師に必要なのは、質の高いスキルだけでなく、母子とその家族にとって何が一番大切なのかを考え、行動できることだと思います。お産だけでなく出産後も、お母さんに寄り添い、支援できるように心がけています。既存の概念に囚われず、母子にとって良いことはどんどん取り入れていけるように、これからも努力を続けていきたいです。当院の看護部は、ラダー制度や研修など教育体制が充実しています。ぜひ当院で目標をみつけて、キャリアアップをしてください。