病棟・診療科紹介

診療科27科と総合周産期母子医療センターなど充実の施設を誇る奈良県立医科大学附属病院

B棟4階 整形外科

幅広い年齢層や運動器系疾患患者への看護を学べます。周術期の全身管理だけでなく、術後の禁忌肢位など、退院後の生活を見据えた患者指導もおこないます。日々治療やリバビリに励む患者さんをサポートしています!

B棟5階 脳神経外科

脳腫瘍や脳血管疾患、てんかん等の患者様が入院されています。脳卒中ケアユニット【SCU】も病棟内にあり、急性期~リハビリ期、退院に向けた支援など幅広い看護を実践しています。

B棟6階 消化器外科・小児外科・乳腺外科

消化器・乳腺・小児の総合外科病棟です。外来病棟連携により、意思決定支援に早期から介入。周術期、終末期、放射線・化学療法、ストーマケア等、最善の医療・看護を考え、話し合い、提供できる病棟を目指します。

B棟7階 消化器・内分泌代謝内科

急性期から終末期まで、様々な状態の患者さんが入院されており、幅広い看護を身に付け活かすことができます。
また、スタッフ一同、仕事中は切磋琢磨でき、プライベートでは和気藹々とした関係が強みです。

B棟8階 耳鼻咽喉・頭頸部外科、呼吸器・アレルギー・血液内科、総合診療科

耳鼻咽喉・頭頸部外科、総合診療科、血液内科の3科混合病棟です。急性期・慢性期の看護、造血細胞移植、摂食嚥下ケアなど3チームに分かれ活動しています。外科、内科双方の領域においてスキルアップできる職場です。